2011年09月19日

三河地区開発記

皆さんこんばんは!

今、A21C綿向地区の開発を進めていたんですがなかなか大変ですね。
近いうちにしっかりと第4回を公開できるよう、頑張ります。


さてさて、今回お話するのはA21Cでも僕の街ではありません。


本日公開されたYTKTさん三河地区開発記 第7回のご紹介。



A21C綿向地区の動画投稿の際には、オープニングの見せ方や説明の形式など色々と参考にさせて頂いているシリーズ動画の一つです。


大きな川によって地区が3つに分断されているマップから繰り広げられる開発記です。
第6回で南側の開発がだいたい終了し、現在では15駅が開業されています。

実は、A21Cで川を作ることって結構勇気がいるんですよ。

駅間がしっかりしてないとダイヤが組みづらくなるし、川から程良い位置に駅が置かれていないと敷地不足で発展しないことがあるので、僕なんかはそれが難しくてなかなか川を作らない(作ったとしてもそこを通す線路は極力無くす)ので、その要素をふんだんに使われているのはすごいなと思います。

左上の川に中洲があるんですが、今後その中洲をどのように活用されるのかすごく気になります。

ダイヤに関しても、だいたいパターンダイヤではありますが、その中に速達性と居住性が高いライナーをアクセントとして1日1往復させていたりその間合い運用として昼間、ライナーを支線の方に持っていったり、随所で工夫点が光っています。

特にすごいなと思ったのが今回の第7回の動画。
主にダイヤの説明をされているんですが、すごくわかりやすかったです。
分かりやすいだけではなく、観てて飽きが来ない。
どうやってダイヤを特集すればいいかな?と考えていた僕に、すごくいいヒントを与えてくださった動画だと思いました。

あと、これは自分が同じような動画を公開しているからなんとなく分かるんですが、「この文字入れは結構大変そうだな」とか思える所がとても多かったです。
カットも結構多く、動画編集が大変そうな場面が多く見られました。


個人的にもっとこうすればいいなと思ったのは、話に触れなくても全体マップや全体路線図は動画の中で1回は見せてほしいということですね。
初見の方もいるし、前回から見ている人も僕みたいにあまり記憶力がない人は忘れちゃうんです・・・。

でも、今回の動画は特に、本当にすごいなと思わせてくれる内容でしたし、自分もこのぐらいいい動画を作ろうと思わせてくれる動画でした。

という事で、是非ご覧頂けると嬉しいです。





追記:
ブログ内で紹介されているダイヤの画像ですが、快速列車の色のチョイスがいいな〜と思いました。

青系の色って見づらいし見分けがつかないんですが、なぜか分からないけどとても見やすかったです。
posted by eXpresser at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の方の街紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。