2012年08月01日

Scenery of eXpresses -2-

皆さんこんにちは!
今気づいたんですけど、前回の記事がちょうど1000個目だったらしいです。
ということで、1001個目の記事、これからもよろしくお願いします!!

さてさて、チマチマ書いてたらこんなに間が開いちゃったよ!

ということで遅くなってしまって申し訳ありません。
綿向地区No.13“Scenery of eXpresses”の裏話後半です!



後半では動画本編でのカットなどを中心にお話していきます。

・・・と言いたかったんですが、もうちょっと長くなりそうですm(_ _)m
ということで、今回は前半の特急「わたむき」の走行シーンの裏話を語っていきます。


まず展望・車窓時の画面構成だけ導入としてここで説明しておきましょう。


  画面構成

main_0000.jpg

前面展望及び車窓での画面構成についてですが、極力メインとなる風景を壊さないよう必要最小限の情報だけ表示するということを心掛けました。

右上のマップについては、以前よりもサイズを小さくしています。普段は拡大率30%ぐらいだったけど、今回は20%ぐらいですね。
小さくすると見づらくなるかなと思ったのですが案外そうでもなく、逆にシックリきたので今度からこのくらい小さくしてもいいかなと思っています。

また、「上の時間いいな」というコメントを頂いたように、今回は左上に現在時刻を表示させました。
現在時刻を加えた理由は寝台特急がちゃんと夜に発車して朝に着いてるのを見せたかったからです。
んで、寝台特急「がもう」だけでは物足りないからじゃあ特急「わたむき」にも導入しちゃえ!ってのが経緯ですね。

ちなみにこの時刻部分、よく見てもらうと文字が柔らかく変化していることが分かります。フィルターとしてモーションブラーをかけています。
最初はフィルター無しで出力したんですがカドが立ちすぎて目立っちゃったんですよ。なので柔らかく変化させることでそれを軽減させています。

こんな感じで裏話見て下さった方がもう一回見てくださると嬉しいなぁ〜って(ステマ)

さて、それでは本編の裏話に移りましょうね。

 
さてさて、ここからは動画本編の各カットについて見ていきましょう。


  特急「わたむき」走行シーン

02_0000.jpgまずはこちら。実はこの動画の中で一番最後に撮影しました。
かめださんと相談した時に1つ1つのカットが短いことを話し合って、自分なりにこの部分に修正をかけました。以前はここに2カット入ってたので…。
後半の寝台特急「がもう」の走行シーンを作る前に相談させてもらったので、そちら側で短いカット少なめなのもかめださんと相談した事を反映した形になっています。

03_0000.jpg上南駅発車時の天候変化シーン。ここはもちろん新風水神第10話後編から。
A21Cではプレビューモードなる便利なモードは一切無いので、全く同じシーンを撮影するのはかなり骨が折れました。

雨の日のカットを撮ったら全く同じカメラ位置で1日経過させ、再撮影。もちろん、列車の来るタイミングがずれたら再ロード。
かなり苦労したのでうまくいった時は発狂モノでした(ぉ

04_0000.jpg葛田通過後の特急「ゆきの」とのすれ違いシーンですね。
実はこの部分、このカーブを抜けてからすぐに単線なのでめっちゃタイトなダイヤだったりします。
構図としてはオーソドックスにアウトカーブで狙っています。逆光だったのがちょっと残念だったかも。

05_0000.jpg石塔駅のすぐ東側にある山の上からの俯瞰撮影です。
今回のダイヤ改正で思いっきり配線を変更しましたので、その様子が分かればいいんじゃないかな?と思って俯瞰にしました。
BGMもここからサビになって一気に盛り上がるので大好きなシーンの一つです。

06-1_0000.jpg06-2_0000.jpg

高台の駅でおなじみ玉緒駅のシーン。
山を登る石三線の列車特急「わたむき」を同時に楽しめます。
本当に玉緒駅は色々なアングルから撮影できる場所ですね。撮っててものすごく楽しい場所です。

07_0000.jpg3種類の特急がデルタ線を使って交わり合うこのシーン。
ここは綿向地区のダイヤで一番の工夫点だったりします。
どうやれば通過しながらすれ違いさせても問題ないかな?と考えた結果、3つの特急を同時刻にここに集結させ、円を描くように交換をさせるダイヤに行き着きました。
このシーンでは分かりにくいかもしれないですが、別のスジではもっと面白いことやってたり・・・

08_0000.jpg岸本駅付近を短いカットで4連チャン。
1つ1つのシーン全てお気に入りですが特に工夫したのがこのカットです。
A9は人などの小さなオブジェクトが無いという話をしましたが、放牧中の牛も同様ですね。
ということで水飲み場から牛と一緒に通過する特急を見るというカットを撮影しました。

09_0000.jpg特急が終点に到着した後、コメントでも反響を頂いたこのシーン。
カメラ操作バーをクリックしてからShiftキーを押すとA9のフライトモードみたいにカメラを動かすことができます。
残念なのはA21Cは上を向けないのでカメラを上に移動する手段がないということですね。

元々はこちらの動画から参考にしたものです。出た時は本当にびっくりしましたね。「こんなこともできるんだ」と感心しました。


10_0000.jpg11_0000.jpg

最後、特急「わたむき」から特急「がもう」に変わる部分ですが、実は全く同じ位置から撮影してたりします。
一旦ブラックアウトしてるからわかりづらいんだけどね・・・。



さてさて、長々と話しちゃいましたがもう1回だけお相手してください。
ということで、寝台特急「がもう」の裏話も近々書いていきますのでよろしくお願いします!!



 


ラベル:A21C 綿向地区
posted by eXpresser at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | A21C自作街 綿向地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。