2013年04月03日

A21C自作街「姫海島」(CTS姫海支社)スタート!!

皆さんお久しぶりです!
4月1日に無事新シリーズを始めることができてひとまずホッとしているeXpresserです。

ということで、新シリーズ「CTS姫海支社」はもうご覧いただけたでしょうか?


投稿1日目でマイリス20件突破は正直びっくりしています。やっぱりニコ鉄ってすごいなぁ・・・と。

そして、綿向地区Ex.1と合わせての宣伝、本当にありがとうございます!
A列車で行こうタグで検索するとこんなのが出てきたり・・・。
ad.jpg


これは今まで無かったので本当に嬉しい!
第2回以降も力を抜かず頑張って参ります!よろしくお願いします!

それでは、とりあえず姫海マップ自体の裏話を・・・。
あと、同じタイミングでセレロングループの社長さん(動画の中でメイド服着た変な人)が姫海のこと書いてくれたのでそちらもどうぞ!

某CRGの社長室のメモ帳 - コスプレ依存症が支社長やってるあの気持ち悪い地形の地区について
あの・・・題名なんとかならないっすかね・・・?  

まだ動画をご覧になっていない方は以降ネタバレになりますので、是非ご覧頂けると嬉しいです!


 

「姫海島」と「CTS姫海支社」

ニコ鉄内の皆さんはあまり違和感がないかと思いますが、以前からUXMをご覧頂いている方は「結局、UXMなのかニコ鉄なのかどっちなの?」って思われるかと思います。

結論を言わせていただくと、「どちらでもある」です。
このマップは、UXMではA21C自作街第19弾、A9リメイクプロジェクト第2弾としての「姫海島」であり、ニコ鉄内では「セレロントランスポートシステム姫海支社」です。

他のニコ鉄の方とは異なり、自分にはUrban eXpress Museumという唯一無二の拠点がありますから、その個性をしっかり活かそうと思い、このような形にさせて頂いています。


「過去」と「現在」

本シリーズの大きな特徴は、現在の姫海島を繁栄させるために過去の姫海島を作り直すということです。
いままでの自分のA列車で行こうプレイ歴史(?)は、完全にA21C主導だったことが挙げられます。
そのスタンスは全く変えず、どうやってA9でもやっていくか?ということを考えた時、「過去でA21Cで開発し、現在のA9のマップに反映させる」ということでした。

マップ制作もA21Cから行っており、今後の開発もA21C側でやってからA9に開発結果を反映させるという順序で行うので、(かなりコジツケではありますが)A9側のマップはリメイクプロジェクト内に組み込んでいます。


ヴェネツィア風マップ

今回舞台となるマップは山ばっかりの綿向地区と大きく異なり、海ばっかりの島の上になります。
その島がまたとんでもない島なんですよね。

01-003.jpg

中央を大きな運河が流れ、無数の水路が張り巡らされるマップ。
イメージはもちろん水の都、ヴェネツィア。

5年ほど前にアニメ放送された天野こずえさんの「ARIA」に影響されて「あー、作りたいなー」って思ったんですね。

A21C側ではゲーム中に地形操作ができないので、予め水路上を線路や道路が通る所はすべて1マスまたは2マスで地形を繋げています。
この地形造成にとんでもない労力をかけたのは以前の記事で説明しましたね。この作業で2ヶ月

A21Cのマップが完成した後、A9側でサテライトを重ねてチマチマ水路作り。これまた1ヶ月かけてます。

ということで、地形制作にかなりの労力をかけたマップとなっております。
今からどういう仕上がりになるのかがすっごく楽しみであったり。


という感じで、動画の内容的にはオフザケ感があるんですが、かなり力のこもったマップやストーリーになっています。



動画内の裏話はまた(やる気が起こったら)やりたいと思います。
よろしくお願いしますー
ラベル:A21C a9 姫海島
posted by eXpresser at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | A21C・A9自作街 姫海島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。