2013年05月14日

姫海No.2を公開しました!

皆さんどうもこんにちは!eXpresserです。

まず、皆さんにお伝えしたいことがあります!

CTS姫海第1回が4月のA列車動画ランキングで第10位にランクインしました!!


詳しくはこちら → 月刊A列車動画ランキング(2013年4月号)(日々綴 様)

初回でトップ10入りは正直予想だにしなかった結果で本当に嬉しい限り!
これも皆さんの応援のお陰です!本当にありがとうございます!!


ということで、本題!!
先日、CTS姫海の第2回を公開しました!

第1回に飛んでいったA21Cの世界からどういう形でストーリーが展開していくのか、是非お楽しみください!



また、早速広告入れて頂くことができました!!
姫海島民さん、ありがとうございます!

それでは、いつもどおり裏話です。
ネタバレ含みますのでまだご覧になっていない方は先に動画のほうをご覧ください。








010000.jpg


ぜんかいのあらすじ。


はい、もちろん元ネタは1月から4月までニコ動などで配信されていたアニメ「ぷちます!」からです。
元の画像は全然違うんですけど、雰囲気だけはそっくりになるよう作ってみました。

声の吹き込みとかも挑戦して、このシーン作るのは結構楽しかったり。

一応、このシーンの(マジメな)目的としては、投稿から1ヶ月以上空いてしまってて前のストーリーなんて忘れてるっていう方や、そもそも姫海っていうのを見るのが初めてっていう方にちょっとでもストーリーを理解してもらうためです。

(自分が今まで上げてた綿向や小勢を含め)A列車のシリーズ動画を見てて、シリーズを途中で見るっていう人は正直ストーリーに入りづらいなーって思ったんです。
今回のコレが完全な答えかというと全くそうではないんですが、今後も久し振りに姫海を見るっていう方や姫海を途中から入った方に親切な動画作りを心がけたいなと思っている次第でありますです。



020000.jpg030000.jpg


続いてはオープニング。

このオープニング、めっちゃ気合入れました。
ただ、BGMの選定がね・・・もう悩みに悩みました・・・。

結果的にALTEMA Recordsというネット系レーベルからリリースされた、fu_mouさんの「change the parade」という曲を使わせて頂きました。
この曲、結構メジャーな曲なので安直過ぎかな?とも思っちゃったんですけど、これ以上の曲が現状見つからなかったので今できる最高のオープニングだと思っています。

すごく分かりやすいリズムで、パッパッパッとオブジェクト出せば結構キレイになるので曲が決まれば一発で完成形まで持っていくことができましたね。

AviUtlのカメラ制御を駆使してポップかつスタイリッシュにキメたつもりですけど、ネタがいっぱいありすぎてよくわからない状態になってますね。

ちょっと話は変わりますけど、綿向や小勢のオープニングで「ちょっと失敗したな・・・」ってのが1点あるんです。
それは何かというと、とにかくカット数が多いことなんですね。

綿向は13個、小勢は14個動画カットが必要なんです。んで、毎回カット変えてるもんだからオープニングを作るのすら大変で大変で・・・

ということで、姫海のオープニングはカット数を極力減らすよう取り組みました。
その結果、なんと静止画が4枚で済んじゃうという超オトクなオープニングになっちゃったんですね。
ただ、これで完璧に仕上がったとは思ってないので回を重ねるごとにオープニングもちょっとずつブラッシュアップしていくつもりです。




040000.jpg070000.jpg


会話シーンと島の説明、路線工事シーン含めて一気に。
正直、ここは喋る内容ほとんどないです(ぉ

強いて言うなら、小ネタをどんどん積み重ねていってコメント稼ぎしようという魂胆がバレバレな構成になっております(汗)

一応、「聞くならどこか?ではなく、いつか?だ。」っていうセリフは、バック・トゥ・ザ・フューチャーの劇中のセリフを想定していません。別の洋画ですね。
その映画は中学生時代(ちょうどいわゆる「厨二病」を患っているタイミング)にドハマリしたので、それ関連の話されるとめっちゃ嬉しいですので是非当ててください(ぉ

あ、ちなみに、バック・トゥ・ザ・フューチャーは観てないので分かんないですけど、そんなセリフがすでにあったらごめんなさいm(_ _)m




110000.jpg

はい、ということでお待ちかね普通列車の走行シーンでございます。

もちろん、この動画の中で一番気合を入れたシーンです。
冒頭、オープニングで「究極のギャップ萌え目指して頑張ります☆(ゝω・)vキャピ」ってオフザケで入れたんですが、これは紛れもなくこういう動画作りをしていきたいっていうマジメなメッセージであったりもします。

一つの動画で思う存分ネタに走りながらも、マジメにやる所はとにかくマジメにやるというのがこのシリーズのスタンスになります。改めてよろしくお願いします(ぉ


このシリーズでの他のシリーズと一線を画しているところを箇条書きすると・・・
   1.水路が張り巡らされている独特のマップ
   2.A21Cで表現される過去の世界とA9で表現される現在の世界とのリンク



この二つは間違いなくこのシリーズのオリジナルとなっていると思います。
ですので走行シーンはこの2点を活かした構成にしています。

まず、全体的に水面の描画がとにかく多い構成になっていると思います。
大きな運河を渡る列車を水面から見上げるカットや、小さな水路を渡る列車を追っていくカット、船着場のところから水路を横切る列車を写すカットなど、結構水面と近い部分での撮影を行っています。
A9での水面の描画は本当に素晴らしく、とにかく水面を写すことに力を入れた構成になっていますね。


あと、A21Cとのリンク。
080000.jpg090000.jpg


これはどう表現しようか正直迷ったんですが、単純に考えてほぼ同じアングルのカットを重ねるという方法をとりました。
過去(A21C)で彼らが塗り替えた世界が現在(A9)でもしっかり反映されているという表現をやってみたという感じですね。

コメントでもご指摘があるように、所々駅構造が違ったりするんですが、そこまで厳密にトレースするつもりはあまり無いです。
今後、既存の駅でも駅構造はどんどん変わっていく予定ですので、そこまで縛ってしまうと却ってややこしくなっちゃうかもしれないということでそこまでこだわってはいないという理由ですね。決して面倒くさいっていうわけじゃないですよ!



100000.jpg120000.jpg


あとはコチラね。
今回初めてA21CとA9の車両テクスチャ改造をやってみました。
姫海のコーポレートカラーは某東方キャラの姫海棠○たてほたてじゃないよ!からピンクにしています。動画の節々でピンク色を使ってるのもそういう理由です。

んじゃあ列車もピンクにしちゃおう!っていうことでピンクにしたわけなんですが・・・

760184393.jpg

なにこの驚きのケバさwww


ちょっと彩度を変えたり暗くしたりした所、結構いい感じの色になったので採用。
側面に2本ラインを入れアクセントを付けて、201系姫海色の完成!っていう感じです。

テクスチャ改造をやってみた感想なんですが、想像の世界が広がっていく感じがして結構楽しかったです。
テクスチャ改造で収録されていない実車を作るのは結構敷居が高いんですが、オリジナルだと細部に拘る必要は無いので自由に制作することができました。

一応、車両データは後日UXMからダウンロードして頂けるよう準備中ですので、アナウンスをお待ちください。



ということで、案の定長々としゃべっちゃいましたがここまで。

今後についてですが、路線的には島の南側(はたて橋より東)をどんどん延ばしていく予定です。あと、快速列車も入れたいなと思ってたり・・・。
ネタ的には社長のもこほくさんがどうしてもやってほしい!!っていうネタが1個あるので、それを次回やるのは決定事項。
あとは色々と裏設定を説明していく回になりそうです。

それでは、今後とも姫海をよろしくお願いします!!


posted by eXpresser at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | A21C・A9自作街 姫海島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361192461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。